健_ 柔らかい体への憧れ

年齢を重ねても体が柔らかい人って、

なんとなくですが
動きが滑らかで優雅で若々しい

印象を持ちませんか?
密かに憧れています。

でも、体が柔らかくないからといって
何かデメリットがあるのでしょうか。

気になったので調べてみました。

調べた結果、デメリットは

いくつもあるようなのです・・・ガーン

このブログでは、代表的なものとして、

「肥満」、そして「血流の悪化」の2つを

少しだけ掘り下げて調べてみます。

まず「肥満」

「肥満」が、ビジュアル面での支持率が

高くないことと、様々な病気を引き起こすのは

周知の事実ですね。

もう1つのデメリットである

「血流の悪化」については、

Web上にこんなことが書いてありました。

 体が固いと血流が悪くなる
   下矢印
 さらに血流が悪化すると

 動脈硬化が起きる
   下矢印
 動脈硬化になると

 心筋梗塞や脳卒中を引き起こす

また、こんなことも書かれていました。

特に「体が固い」と自覚している40代以上で
心筋梗塞や脳梗塞、大動脈瘤は

非常に高い割合で発症する

ということで、

柔軟性はあまり話題にならないけれど、

案外大切!とういことが分かりました。

というわけで、早速チャレンジ!


ただし、毎日頑張るのは無理なので、
思い出したときに柔軟体操をやる
という意気込みです…。
思い出し頻度は

おそらく過去の実績から言うと

1ヶ月に2~5回くらいですかね・・。
気長に・・・キョロキョロ
体が柔らかくなったかは、

不定期にお知らせしますね。

まずは、本日の様子と目標です。
   下矢印下矢印下矢印

DSC_0529.JPG

目標:肘を曲げた状態で手のひらを床に付けること


DSC_0533.JPG

目標:お腹を床にぺたっと付けること


DSC_0527.JPG

目標:お腹を足にぺたっと付けること


DSC_0534.JPG

目標:足の指を鼻に付けること


DSC_0528.JPG

目標:お腹を足にぺたっと付けること


DSC_0532.JPG

目標:頭より高い位置で足を持つこと

   やりたいのはフィギュアスケートの

        ビールマンポジションです・・・。


この記事へのコメント